PS4とXboxOneで対戦可能に? MSがクロスプラットフォームのサポートを発表

ps4xbo
将来FIFAシリーズではPS4とXboxOneで対戦や協力プレイができるかもしません。Xbox Liveのマルチプレイヤー・ゲームがPS4とのクロスプラットフォームをサポート という記事がTechcrunchにあがっています。

Microsoftは、ゲームのデベロッパーはXboxだけでなく、他のゲーム専用機やパソコンを含めたクロスプラットフォームのマルチプレイヤー・ゲームを開発できるようになったと発表した。

つまりCall of DutyやFIFAのようなゲームの次のバージョンではプレイヤーは XboxとPS4双方のユーザーと対戦できるということだ。そうなるかどうかは今後はデベロッパーの選択にかかってくる。

FIFAの場合 デベロッパー=EA次第ということですね。
FIFAシリーズでは、FUTのレジェンドがXboxOneだけの独占契約になっています。
方針転換をすれば、クロスプラットフォームもありえるのではないでしょうか。

PC版についても例えば ストリートファイターVではPS4とPCの対戦が既に実装されており、技術的には問題なさそうにみえます。

ただUTではRMT対策の一環で市場を分けたので、すぐには難しいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 梅ちゃん より:

    クロスプラットフォームはゲーム開発者(ディベロッパー)がやる気になれば出来るのかとは思いますが、Xboxではネットワーク利用で回線を安全スムーズに使うために課金(ゴールドメンバーシップ)が基本ですが、PSは無料ですからね。
    Xboxでは課金してるからサーバーが安定しているかというとそれはまた別の話であり、ゲームがマイクロソフト開発(関連会社含む)のもので、サーバーも直営なら安心して使えるでしょうけど、そうでない場合はゲーム開発者がサーバーを独自に開設する事になり、その設置場所如何では回線状況が劣悪でまともにゲームが出来ない場合もあり得ます(ラグやフリーズ、回線切れ等等)。
    これを防ぐために回線状況が良いユーザーとだけマッチングするような条件を付けると、今度は同じ人達としか対戦できないといった支障が出てきます。
    実際FIFA16のオンライン対戦では参加している人の絶対数が少ないからかもですが、中々マッチングが成立しませんし、マッチングしても試合途中でカクカクとラグが起こり、しまいにはフリーズして回線切れで試合がまともに出来ないこともしばしば起こります。また対戦相手もほとんど以前対戦した人で、初めて対戦する人は余り無い様に思えます。
    同じコンソール機同士(Xbox360での体験で、XboxOneだと違うかもですが)でもこんな感じですから、これが無課金で回線状況も雑多なPSユーザーとクロス対戦ともなるとどんな事になるのか正直不安感は拭えないですね*_*;。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)