FIFA14プレーヤー視点での北米版PlayStation4 レビュー

PS4_FIFA14
11月15日に発売された北米版PlayStation4のレビューです。このサイトはFIFAシリーズの攻略サイトなのでFIFAに関連した内容を中心にレビューしていきます。

PlayStation4のコントローラー

 まずはFIFA14をプレーする上で新コントローラーの感想。FIFA14をプレーするにあたり変更点としてはスティックが短くなり凹型になったことです。サッカーゲーム用コントローラ ファンタジスタと同様に短く凹型のスティックになっています。重さとか握り具合は変化に気づかないくらいで全く気になりません。変化といってもそれくらいでPS3でプレーしていた人はほとんど違和感なくプレーできるでしょう。

ps4cont

また今作ではタッチパッドは使えないので、次回作あたりからタッチパッドでライン操作や味方への指示が追加されてもいいかと思います。

シェア機能

shareボタン
PS4はHDMI出力だけしかないため、PS3のときのようにコンポジットで出力してパソコンで動画取り込みといった方法ができなくなりました。そこで使うのがPS4で新たに追加されたShareボタン。ゲームプレー中に長押しでスクリーンショット、2回押すとムービー録画開始、短く押すと転送メニューの表示といった具合で使います。転送メニュー表示 以外はゲームを中断することなく使うことができます。転送先はTwitterかFacebook。Facebookは、画像の公開先の設定を本人だけに設定することもできます。
本記事のスクリーンショットも ここから切り出して使っています。

UstreamやTWICHを使った配信もできるので対戦配信環境を機材を買わなくてもできるようになります。

録画した動画はPS4内で編集できますが、でできるのはシンプルにトリミング(切り出し)だけ。繋ぎ合わせはできないので、ゴール集を作るにはゴールシーンを切り出しておいてPCでつなぎ合わせることになります。保存容量はHDDがいっぱいになるまで。たっぷりあるので取りあえず試合前には録画を開始しておくと、スーパーゴール シーンも撮り逃しません。

その他 ハードウェア周りのレビューに関しては「「PlayStation 4」分解レポート。AMDのカスタムAPUを搭載する新世代マシンは,とてもゲーム機らしいゲーム機だった」が詳しく紹介していたので参考にどうぞ。

続いてシステム周りについて。

オンラインプレーにはPlayStation Plusが必須

 PS4ではオンラインプレーはPlayStationPlusというオプションサービスが必須です。最初から結構ハマるポイントだと思いますので詳しくレポートしておきます。
 FUTでオンラインマッチをプレーしようとしたところPlayStation Plusに入っていないため、できませんでした。
pspls_s
先に届いていたFIFA14のパッケージの中にPS Plusの7日間のトライアルコードが同封されていたことを思い出し、そのコードをいれてみました。
 トライアルコードを登録しようとすると、このコードを使うにはクレジットカードが必要で、しかもクレジットカードの住所はアメリカの住所だけ。結局このトライアルコードは使えませんでした。
PlayStation Plusを購入しようとPlayStation Storeに入ったものの、この記事を書いている10/25 時点ではPlayStation Storeは日本のアカウントではされていません。 以前作成したPSNの北米アカウントに切り替え、PlayStation StoreでFIFA14北米DL版を購入したときに余っていた$10を使って1ヶ月のPlayStation Plusに入りました。
PSN北米アカウントの取得方法については、こちらの記事を参考にどうぞ。
パソコンから 北米版 PSNアカウントを作る方法
 PlayStation Plusに入れば、その後日本のPSNアカウントに切り替えてもオンラインでプレーすることが可能になります。
PlayStation Plusの料金は 北米では 30日$10、90日$17.99、 365日$49.99。 日本では、30日500円、90日1300円、 365日5000円です。

psplus

いざオンラインへ

PS Plusにも入ったので、さっそくFUTのオンライン シーズンを試してみようとしたのですが、ほとんどマッチングしません。

禁断のマッチメイキングのオプションをいじってみると1回だけシーズンでマッチングできました。
matchmaking
まだ北米でしか発売されていないだけあってマッチングしないのでしょう。
シーズンでいうと PS3では 11/26 6:00現在 11304人に対してPS4では452人と まだまだかなり少ないです。

season_count

世界的には12月でほとんどの国で発売されるので来月はアジアの人達とマッチングするのを期待しておきます。

2013年11月15日 カナダ、アメリカ
2013年11月29日 オーストラリア、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、
フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク
オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル
ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス
2013年11月29日 アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカエルサルバドル、グアテマラ、メキシコ、パナマ、ペルー
2013年12月 中国、台湾、韓国
2014年2月22日 日本

まとめ

 FIFAシリーズをプレーする上でのPS4というハードウェアですが、PS3より快適になっているのは明らかです。コントローラーの操作性の向上、スクショ、録画、動画配信を備えるシェア機能。具体的な数値をとれていないのですが、読み込み速度も速くなっています。FIFA14をはじめてプレーする際にゲームの一部をインストールしていたようでした。
 一方でPlayStationPlusによるオンラインの有料化に関しては残念なアップデートです。これを機会にオンラインサービスにお金をかけてサーバー増強等ユーザーに快適になるようにしてほしいと思います。オンライン マッチングしにくい点については完全に人柱による自己責任ですので、まったり日本発売の2月22日を待ちます。

ちょっと物足りないかもしれませんが、今回はここまで。
次回からはFIFA14の内容に切り込んでいこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. john より:

    レビュー興味深かったです。
    オンラインに料金がかかることによってオンラインユーザーが減るようなことになると残念だなと思いました。

  2. 匿名 より:

    FIFA14のOriginアカウントIDは、どうやったら作れるんですか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)