FIFA13 カスタム戦術とカスタムフォーメーションをFIFAシーズンで使う方法

カスタム戦術

失点パターンがいつも同じで飽き飽きしている人。フライスルーにいつもやられる人は戦術を見直してみましょう。といっても戦術は試合直前では変更できません。あらかじめ保存しておくとカスタムフォーメーションやカスタム戦術を使うことができます。とくにカスタム戦術はラインディフェンスでいくかカバーリング重視でいくかといったプレースタイルにもかかわる設定項目があります。各チームのデフォルトの設定を使っていて自分のプレースタイルとあわないと思ったら見直してみたほうが良いでしょう。

例えば失点パターンがDFの裏を取られる場合がおおいなら、カバーリングの値を高くしてDFラインを深めに設定。
チャンスなのに味方が飛び出してこないならば ポジショニングを自由度重視にすると開いているスペースに選手が飛び込んできます。(カウンターのリスクもあるので注意)

設定方法とカスタム戦術の詳細は次のこちらから。

カスタム戦術とカスタムフォーメーションの設定方法


メイン メニューのFIFAカスタマイズ →チームカスタマイズ →戦術 を選択します。

カスタム戦術

ビルドアップ スピード 1-100 遅い ディフェンスラインでパスをまわす
バランス 選手の判断に任せる
速い とにかく前にボールを運ぼうとする
パス 1-100 ショート:ショートで繋いで崩す
ミックス:距離にこだわらず長短のパスを使う
ロング:ロングパスを多用。ポストプレーヤーを狙ったり裏を狙って放り込む
ポジショニング 組織重視
or
自由度重視
組織重視:自分のゾーンを重視
自由度重視:自分の判断を尊重して動く
チャンスメイク パス 1-100 セーフティ:ポゼッション重視 チャレンジパスは控える
ノーマル:バランス重視
リスキー:チャンスがあれあばスルーパスを狙う
クロス 1-100 少ない:中央からの崩し
ノーマル:バランス重視
多い:サイドからのクロスを基本に考える
 シュート 1-100  少ない:確実なシュート以外はうたない
ノーマル:バランス重視、選手の判断に任せる
多い:ロングレンジでも積極的に狙う
ポジショニング 組織重視
or
自由度重視
 組織重視:自分のゾーンを重視
自由度重視:頻繁にポジションをチェンジ
ディフェンス プレッシャー  1-100  深い:自刃PA前でデイフェンス。FWも加わる
ノーマル:選手の判断に任せる
浅い:ディフェンスラインは高い。全体で高い位置でプレス
FWは相手DFにたいしてプレッシャーをかけます。
積極性  1-100 囲い込み:厳しいタックルは控える。体力の消耗は少ない
プレス:バランス重視 選手判断に任せる
ダブル:激しく寄せていく。積極的に相手を囲みにいく
エリア 1-100 中央:ピッチ中央のディフェンスを重視
ノーマル:特にエリアを重視しなし
ワイド:両サイドのディフェンスを重視
ディフェンスライン カバー
or
トラップ
カバー:オフサイドトラップは仕掛けない。
選手は常にカバーするようなポジションをとる。
トラップ:ディフェンスラインをフラットに保つ
随時オフサイドトラップを心がける

設定した戦術orフォーメーションをセーブすればFIFAシーズンのチームマネージメントメニューで選択できます。

カスタム戦術1

この設定だと使い方は試合中に 十字キー を下 にいれて 右にいれるとカスタム戦術が発動されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)