日本サッカー協会がeスポーツ参入!eスポーツ サッカー競技事業の創設へ

11月10日 日本サッカー協会(JFA)は理事会を開催し、eスポーツのサッカー競技事業の創設について承認したことを発表しました。

2016年度JFA第11回理事会を開催

jfa

eスポーツのサッカー競技(eサッカー)事業の創設に向けて準備を進めていくことも承認されました。

「eスポーツ(Electronic Sports)」とは、コンピュータゲームやビデオゲームで行われる競技のことで、近年、世界的な広がりを見せています。FIFA(国際サッカー連盟)も2004年から毎年、FIFAインタラクティブワールドカップと称した世界大会を開催。アジアでも2007年から「アジアインドアゲームズ」(主催:アジアオリンピック評議会)の正式種目になっています。

理事会では、eサッカーによって、実際のサッカーに対する関心度が高まるといった意見や、性差や年齢、障がいの有無を超えて楽しめる、あるいは、サッカーの競技力や指導、審判養成等にも役立つのではないかといった前向きな意見が多く出されました。

JFAは今後、eサッカーの事業化等について検討していくことにしています。

 具体的な施策は今回の発表にはありません、JFA主催の大会が開催されたり、JFAがバックアップした日本代表が選ばれるかもしれませんね。これに伴い日本サッカー協会とFIFAシリーズの距離が縮まり、FIFAシリーズに日本代表が収録される日も遠くないかもしれません。

画像はFIFA14 UltimateTeamのワールドカップモード
japan2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)