FIFA15 UTデータベースサイト特集 2週間分の落札履歴も閲覧可能

eadb
 FIFA UTでは選手の能力やスカッドケのミストリーといった情報を確認することができるデーターベースサイトがいくつかあります。今回はこれらのデータベースサイトについて紹介したいと思います。

EA公式データベース

あまり知られていないのですが、FIFA15からはEAが公式にFUTのカードデータベースを公開しています。
URLはこちらです。
https://www.easports.com/uk/fifa/ultimate-team/fut/database
eadb
 選手の詳細のステータスデータを確認することができます。他のデータベースサイトでも確認できますが、こちらは一応公式ということで間違いはないという安心感があります。

FUTHEAD

futhead

次に紹介するのがFUTHEAD。詳細能力に加えてスカッドを試すことができたり、過去のFIFAシリーズのデータも公開されているので、確認することができます。

FUTWIZ

futwiz

FUTWIZ
FUTWIZも基本的にFUTHEADと同じなのですが、最近の落札価格とiOS向けにアプリが公開されているのが違う点です。外でFUTのカード情報を確認したい場合、EAアプリでは見えない能力値が確認できます。FUTHEADも前は落札相場掲載していたと思うのですが、FIFA15では掲載がありません。

FUTBIN

futbin
最後に紹介するのが、 FUTBIN というサイト。

 選手の能力の詳細を確認できるのは、他のデータベースサイトと同じですが、ここの特徴は相場が確認できるところ。
過去2週間分の1日毎の相場と、過去2日分の時間毎の相場を確認することができます。

futbin2

これは他のサイトにはない機能です。現在の落札相場が高めなのかが判断することができます。
hourly

これらのデータベースを駆使して、トレーディングで稼いでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)