FIFA14 キックオフ フライスルー対策

kickofffly
 キックオフでFWを前に走らせて長距離のフライスルーパスを放り込んでゴールを狙う戦法があります。PS3版でもあったのですが、PS4になってから、やってくる相手が多いように感じます。「やられたらやり返す」でもいいのですが、対策を知っておかないと、やられっぱなしになってしまいます。対策は確立されつつあるので覚えておいて損はないでしょう。

キックオフ フライスルーとは

みなさんやられたことはあると思いますが、まずキックオフのフライスルーについて確認してみましょう。キックオフ後 一旦 ワンツーの走り込み(L1+パス)で後ろの味方にボールを預け、FWはディフェンス裏に走り込み 一気に前線にフライスルーパスを出すという戦術です。
KSIが解説動画を作り海外では一気にメジャーになってしまった戦法です。
FIFA 14 How to Score From Kick Off

このキックオフ ゴールへの対策です。

対策1 ディフェンスラインを低くする

custom
 この方法はカスタム・タクティクスを使ってプレッシャーを低くしておき、裏に走り込んできたFWにDFがマークを外さない方法です。カスタム戦術を事前に準備する必要なので、ちょっと手間がかかるのがネックです。
FIFA 14: How to Stop the Lobbed Through Ball (LB+Y Spam)

対策2 素早いプレスでパスの出所をつぶす

 この方法は、前プレスによってパスの出所を押さえるという対策です。オリジナル攻略さんに掲載されています。
FIFA12-13-14 オリジナル攻略 キックオフシュートの防ぎ方

相手ボールから開始の状況で はじめはこっちのカーソルは1トップの場合 絶対STになっています
んでそのSTをできるだけ真ん中、相手がシュートしてくるのでそのブロックを直線でできるような位置においときます.キックオフしたらボールに向かってSTでダッシュプレスしてください、

対策3 DFにカーソル移動するディフェンス

rader
ディフェンスにカーソルを移動させて待ち受ける手法です。左スティックによるカーソルの受け渡しがキーとなります。

対策4 素早いプレスとカーソル移動の組み合わせ

hybrid
 キックオフ時にはFWが素早いプレッシャーをかけにいき、つめられる場合はつめる。相手との距離がある場合、カーソルをディフェンスラインに戻すというハイブリッドな方法です。一瞬の判断が必要で、練習が必要ですね。

参考になる動画はこちら。
FIFA 14 Tutorials & Tips | How to Defend the KSI Kickoff Bug | Best FIFA Guide (FUT & H2H) – Glitch

他には、オフサイド・トラップを使てFWをオフサイドにかける方法があります。これに関しては、試してみてるのですが、タイミングがずれてひっかからなかった場合、どフリーになります。リスクが大きく使い物になりませんでした。

まとめ

対策3のカーソルをディフェンスに戻す方法を練習しつつ、完成度があがったらプレスをかけるのがいいようです。オンラインはガチ対戦だからこそ、システムの穴をついてくる相手が多いので、きっちり対策を立てて無駄な失点を減らすようにしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. p より:

    私は自チームのSTを相手の走らせてくる選手の少し後ろを併走させて防いでいます。
    このやり方で200回はキックオフフライスルーやられていますが100%防げています。

  2. なはなは より:

    こんな対策しないといけない今作のオン対戦
    正直なんだかなぁ〜って思う
    まだ前作のスピードスターにグラウンダースルー合戦の方が、手前の組み立てが少しは必要なぶん納得は出来た
    良くなった部分も多いだけに残念

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)