FIFA17 でゴールを量産しよう解説動画のまとめ ファーポストにコンシューか低弾道シュート

EA JAPANのサイトにチュートリアルページが公開されていますが、どのページも英語の動画にリンクされているだけです。

とくに重要そうな「「FIFA 17」でゴールを量産しよう(by InceptionXx) – TIPS & TRICKS」  こちらの動画の内容をまとめてみました。

これを知っているかどうかでゴールチャンスを決めれるかがどうかが変わってくるので、かなり重要なポイントです。

ぜひ押さえておきましょう。

シーン1 ベイル
FIFA16のこのようなシーンではニアが決まりやすかったのですが
FIFA17では、ファー側にR1+シュート=コントロールシュートでゲージ1か2くらいの強さでシュートを打つのが良いです。
shoot

シーン2 ベイル
こちらはシーン1と似たようなシチュエーション。
シュートゲージは1より強く、1.5まではいかない強さでシュートボタンを押した後 再度タップ。(=低弾道シュート)しキーパーの腕の下を通してゴールを狙います。
s2

シーン3
ロナウドがゴール前でスルーパスを受けたシーン。
ここではGKとの距離があったので、1.5バーくらいの強さでファー側にシュート。
sc3

シーン5
こちらはワンタッチでシュートするシーン。DFフンメルスが迫っていたので、1ゲージよりも多めの十分ゲージでシュートボタンを押しその後、再度タップ(低弾道シュート)してダイブしたGKの腕の下を通しています。

sc5

シーン4 ムヒタリアン

GKとの距離もあるシーン。

ファーポスト側に2弱のバーの強さで通常のシュート。
sho4

シーン6 ムヒタリアン

ファーポスト側に1.5の強さでシュート。

sc6

シーン7

ベイルが抜け出したシチュエーション。

トップスピードから一旦スピードを落としてからファーにシュート。

sc7

シーン8

ペナルティエリア内のパスでは、クロスボタンx3のパスではなく、

ドリブンパス(R1+パス)を使って中央にパス。

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b38

FIFA17のシュートのコツをまとめ

・1vs1ではファーポストを狙う

・コントロールシュート(R1+シュート)も有効

・GKと近い場合は、低弾道シュート(シュートボタンx2)

ということです。

元の動画を確認したい方はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)