FIFA15 体験版 ファースト インプレッション ピッチの芝感パネェ

15t
PS4では本日配信されたFIFA15 体験版 をプレイしてみた感想です。

1.芝感パネェ

fifa15_1st2

プレイしてみて一番最初に目をとられたのがピッチの芝生。試合開始時はきれいな状態ですが、試合がすすむにつれてダメージをうけて傷がつきます。キックオフ直後に注目してみると選手が走った後に芝生に傷がついています。スライディングのときは、スライディングした足の軌道で長い傷がつきます。ランダムに傷がつくのではなく選手のプレイが芝に影響していることがわかります。この細部への作り込みは感動しました。

2.プレミアリーグの演出に力入ってる

fifa15asmt
 体験版だと実況が英語版のアラン・スミスとマーティン タイラーです。試合開始時に顔写真付きで紹介されるようになっています。体験版の初戦はリバプールとマンチェスター・シティ。今作はイングランド プレミアリーグとライセンス締結しているだけあり、アンフィールドの細部まで再現されています。チャントからピッチサイドの電子広告までプレミア仕様。更に前述のピッチの表現もあって、リプレイなんかはプレミアリーグの中継を観ていると錯覚する瞬間があるほどです。

3.プレー面での変化は?

FIFA15_gk
 気になるFIFA15のプレー面の感想ですが、このあと製品版で調整が絶対に入るので デモ版ではあんまり判断しないほうがいいと思っています。それでもちょっと感じたところを挙げておきます。
 まず GKが強くなっています。GKのモーションを大量に導入したことも影響あるのかもしれませんが、ミドルシュートや1対1のコンシューがなかなかきまりません。これはさすがに調整あるかな?

fifa15lawn

 キックフェイントはFIFA14の仕様からかわっていません。ダッシュドリブル中のキックフェイントは重心がもっていかれます。ダッシュなしのドリブルだとクイックに切り返せます。その他のスキルムーブもボディフェイント、ルーレット、270°ターンといったスキルムーブの使い勝手もFIFA14からほとんど変更がない感じでした。
 スライディングタックルも使い勝手が良くなっているようですが、あまり使わないのでよくわかりませんでした。
他にはノーマルドリブルのターンの感じが軽くなっているようですね。全体的に重心を少し軽めにしたワールドカップ版に近い調整のようです。

3.システム面

システム面については公式でだいたいでているのですが、プレーしてみて気づいた点だけをピックアップします。

・戦術に条件が追加
fifa15_jyouken

 戦術画面に条件というタブが追加されています。各ポジションでシーン毎にどのように振る舞うか設定する項目のようで、例えば、FWの選手は裏に抜けるのか、ポストをするのかや、CBの選手は攻撃に参加するのか否かといった設定ができるようになっています。自分の戦術にあわせて選手のプレースタイルを設定することができそうです。

・コーナーキックに戦術追加
 ワールドカップ版で新規追加された機能で、CK時に味方をニアに走らせるか、ファーに走らせるかといった戦術を使うことができるようになっています。

まとめ

 デモ版ファーストインプレッションということで、感じたままに書いてみました。今回のデモ版は、感触としてはかなりいい感じです。グラフィック面で細部へのこだわりが効いていて実写感がかなりあがっています。あとは製品版でのオンラインの対人戦でどうなっているか発売が楽しみです。みなさんも是非体験版をダウンロードしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    ps3だと条件という項目がないみたいですね

  2. あふいふ より:

    ここまでリアルだとアップになったキャラがたまにゲーム的なキョロキョロした動きをすると凄い違和感ありますね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)