FIFA14 試遊感想と牧田プロデューサー インタビュー記事

iv

ゲーム情報総合サイト「GAME Watch 」でFIFA14の牧田プロデューサーのインタビューが掲載されています。
記事はライターが試遊した感想と牧田プロデューサーへのインタビューの2部構成となっていて
日本語での感想とインタビューなのでFIFA14の新要素やFIFA13からの違いの詳細がよくわかる内容となっています。

スキルムーブの操作方法等 気になった部分をピックアップしました。

ss

新要素「プレシジョン ムーブメント」について

 コツを掴んでくると、実際にボールを蹴る感覚でドリブルできるようになる。「プレシジョンムービング」のお陰でダッシュドリブル中の急旋回も可能となったのだが、90度ターンする際に真横にボールを蹴りだしつつ、体のほうはグーンと回りこむような曲線を描いてボールを追いかけていくのが面白い。うかつなドリブルはボールロストにつながりやすいが、上手にやれば“裏街道”のようなテクが自然に使えそうだ。

出来合いのアニメーションパターンを単に繋ぐだけではなく、1歩ずつ、体の動き全体を計算している感じでしょうか?
牧田氏: そうですね、ほぼプログラム的に動かしています。行きたい方向がまずあって、それに対してボールやディフェンダーの位置など状況の変化を1歩づつ見ながら歩幅を変えるといった処理をしています。シュートの動きが1番わかりやすいですね。今までだったら無理やりアニメーションを合わせていたところを、今回は適切な歩幅・歩数で、きちんとしたシュート体勢を創りだせるようになっています。

ss2

ss2

操作の変更について

操作方法も簡略化されていますね。FIFA13ではスキルムーブがL2+右スティックで操作だったのがトリガーだけになるようです。

本作ではスキルムーブを右スティックだけで出せるとか、密着したディフェンスに対してボールをキープする「シールディング」という動きを左トリガーだけで出せるとか、そういった操作性の部分でかなり簡略化を図っています。

オンラインマナーについて

 オンラインプレーヤーならここはかなり気になる部分ですね。

オンライン対戦でのマナー問題に対する取り組みが気になっています。例えば5分位内での失点で切断、試合をなかったことにする行為や、オウンゴールを連発して試合を壊す行為など、対策は考えていますか?

牧田氏: なるほど。例えば、ゴールセレブレーションを挑発的に使うユーザーさんなどもいるというふうには聞いています。楽しんでもらうために入れた機能が良くない使われ方をすることなど、ユーザーさんのマナーに関しての問題は開発でも話し合っていて、これから何ができるかを考えて行きたいというふうに思っています。

E3ではPS4 XBOX oneについて発表もあるそうで待ち遠しいです。

「FIFA 14 ワールドクラスサッカー」ジャパンプレミアが開催!
ガラリと変わった衝撃のプレイ感覚を緊急レポ&牧田プロデューサーインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)