FIFA14 チームメイト インテリジェンス

sc
FIFA14でチームメイト インテリジェンスについて詳細の説明ページがアップされています。

チームメイト インテリジェンスによってが 鳥かご(時間稼ぎ的なボールキープ)をされた時に
バックラインにチーム全体でプレッシャーを与えるようになるようです。
試合に負けている時でも最後まで諦めないような展開が期待できますね。

翻訳してみましたのでどうぞ。

ーー翻訳ここからーー

最も記憶に残るシーンのひとつに2006年のFIFA ワールドカップでアルゼンチンがセルビア・モンテネグロを相手に24本のパスを繋いでからのファンタスティックなゴールがあります。攻撃陣は正確にポジショニングすることを知っていて それを器用に実行しました。



(動画はFIFA研究室で追加)

FIFA14のチームメイト インテリジェンスは美しい試合をする為に攻撃と守備での両方で選手が知的かつ更によい決断でプレーします。

ピッチをオープンに使う

FIFA14ではさらにエキサイティングにゴールチャンスを作る為に新たな走るタイプを取り入れます。選手はディンフェンダーを引きはがすようにスペースを作り出すように動きことでディフェンダーを圧倒する為の思考を持つようになります。 あなたはスルーパスの前にアタッカーがオフサイドにならないようにバックラインを見て注意するようになるでしょう。アタッカーもディフェンダーを混乱させるような走りを実施するでしょう。
 さらに センターフォワードはポゼッションを保ちボールを受ける為にディフェンダーの中に戻ったり、ポゼッションを獲得する為にスペースを作ります。その後でもう一人の選手にボールを渡したりターンからシュートを放つでしょう。

ギャップを埋める

FIFA14ではディフェンダーが過剰に見送らないように追尾するように改善されます。
ピッチ上でのいかなる場所からもプレッシャーを支援し加える機会を認識するでしょう。
近い選手を常にカバーするのではなく、AIディフェンダーは、無防備にされている誰かの機会を減らすためによりよくそれら自身を配置するでしょう。

man-marking-testbed

守備の意思は複数のフレームをもとに最も危険な選手を探し継続的に解析することで決定するようになります。この機能はトラッキング走行とマンマークにおいて改善されるでしょう。
さら賢くなったタイトなマークは きついパスと戦略での大きな強調を導き中盤でのさらなるアクションとしてゲームの展開する方法が変化するでしょう。
更に今年導入されたディフェンシブなチームメートのプレッシャーはポゼッションを取り戻しタイトなマークとプレッシャーのサポートを得るチャンスを認識するようになるでしょう。
以前まではチームが一旦遅延させるような試合運びをとろうとすると、彼らは流れが遅れるようにペースを遅くし始めるでしょう。FIFA14ではディフェンダーはこれを認識して相手のバックラインにアタッカーがプレッシャーをかけるようになるでしょう。

ボールを守るための結合したとき チームメイトのインテリジェンスはフィールドの全領域で展開されます。プレーは賢く意思決定するように有機的に形成され 現実的なフットボールの経験を意味しています。
さらに ゲームプレーの詳細はFIFA14のピュアショット、リアルフィジックス、キャリアモードの特
集ページでチェックしてください。
更なるFIFA14の情報は近日公開予定

ーー翻訳ここまでーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Optionally add an image (JPEG only)

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)